日本住宅災害調査センター

工事について

工事までの流れ

画像の説明


住宅保険災害申請

当社では、住宅災害事故により家屋に破損が発生した際にお客様の依頼を受けて保険会社へ事故報告を代行する業務の受付を行っております。
その際必要な調査、書類の作成、申請サポートは、すべて当社及び提携企業にて行ないます。

お客様の多くは、火災保険は、火災のみに適用されると信じておられる方が多いと思われますが、実際にはそれ以外の場合でも活用することができます。

さらに多くの火災保険会社は、代理店制度を採用しており、その代理店でも認知の上、あるいは、そうでなくとも、お客様からの保険請求を受けた際、「その保険は適用されない」と断ってこられる代理店も数多く存在しているのが現状です。

火災保険に加入中のほとんど方は、「台風、突風、落雷、雪災、落雷」等による瓦の浮き、はがれ、破損雨樋の破損等の損害を請求出来る権利があるのです。

しかしながら、保険の内容をよく知らないお客様が自費で修繕しているのが現状です。

一人でも多くの方に保険の支払いの仕組みをご理解頂き、災害で受けた損害が、請求できることを知っていただければ幸いに思います。

   (瓦の破損、雨漏り、ガラス、カーポート、塀)

   床上浸水(床下は適用外)床、壁、家具設備等の被害
   盗難による被害(現金、ドア、パソコン、サッシ)

この保険申請の最大の特徴は、災害発生後「2~3年以内」であれば請求できますので、過去遡ってのものでも可能となります。


保険事故申請条件

基本的条件は、下記の通りです。

 ① 火災保険(総合)に加入していること(保険料を滞納していないこと)
 ② 損害額が20万円以上であること(当社調査の上)
 ③ 保険会社への報告がまだであること

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional