日本住宅災害調査センター

よくある質問

お客様からのよくあるご質問

本当に負担金完全ゼロ円ですか?

はい、その通りです。

そのため弊社では、風災、雪災の被害を受け保険適用の可能性の高い築15年以上の一戸建てまたはアパートに限定してサービスを行っております。

しかし100%保険による修理を保証できるものではなく、保険申請しても認められないケースもございます。

また築15年を経過していても、どこにも傷みが発見されないこともあり、その場合は修理不要という診断が出る場合もございます。

いずれの場合も費用は一切いただきませんのでご安心ください。


屋根のリフォームが無料で出来ると思っていいのですか?

いいえ、あくまでも風災、雪災で傷んだ部分のみの補修工事となりますので一般的なリフォーム工事ではありません。

具体的には漆喰のはがれ、瓦の割れ、瓦のずれなど、そのままにしておくと屋根の土台を傷め、将来、雨漏りの原因になると思われる個所を調査し、適切に修理するものです。


どうして火災保険で屋根が直せるのですか?

一般的に火災保険は火事が起きた時にしか使えないものだという認識が強いようですが、多くの火災保険は「風災」「雪災」等にも適用されるしくみとなっております。

私たちは毎日、自宅の屋根の隅々を観察することは不可能に近いと思います。

そんな中、気付かない内に、「風災」や「雪災」等の被害を受けているケースが意外と多く、その事実が確認されれば火災保険が適用になる可能性が高いからです。


屋根が色あせています。塗装だけお願いすることは可能ですか?

屋根の色あせは保険対象外ですので屋根の塗装工事はお受けできません。

しかし、色あせるほど建物が古いと、それ以外の部分でも傷みが発見される可能性は高いと考えられますので、この機会に塗装工事よりも屋根にとっては最も大切な部分補修工事をなさることをお勧めいたします。


被災箇所が見つかった場合はどうなるのですか?

被災箇所が見つかった場合は被災箇所を写真で撮り、 保険会社へ損害報告をするための書類作成に入らせていただきます。


被災箇所が見つからなかった場合はどうなるのですか?

被災箇所が見つからなかった場合、家(特に屋根回り)が健康であるという証明ですので、 申請対象とはなりません。

もちろん、調査費用はいただきませんのでご安心ください。


調査をした後、高額な工事費を請求されるケースがあると聞いたことがあるので不安です。

  

今回のサービスの主旨は“火災保険のみを活用して屋根などを修繕していただくこと”です。

保険申請をしても見積り金額に対して認定金額が低いこともございます。

そのような場合でも保険認定金額に応じた範囲でしっかりとした修繕工事をさせていただきますのでご安心ください。


施行費以外の費用はどのくらい掛かるのですか?

すべての費用は修繕費用に含まれていますので、1円もご負担いただく必要はございません。

ただし、コピーやFAX費用の一部をご負担いただく場合がございます。


火災保険の加入はどこの会社でも大丈夫ですか?

殆どの火災保険は対象となりますが、一部お取扱い出来ないものもございます。

詳細は、ご紹介者様へお尋ね願います。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional